1. ホーム
  2. > こころの病気について 不登校・ひきこもり

不登校・ひきこもり

不登校・ひきこもりは、決して本人の甘えのせい、保護者のしつけのせいばかりではありません。それらが原因の全てではなく、他に様々な要因が重なって生じています。不登校・ひきこもりの背景には本人の悩みやストレスがあり、それを共感し、理解することが大切です。なかには、精神疾患(不安障害、パーソナリティ障害、発達障害、PTSD、解離性障害、うつ病、統合失調症など)を抱えており、治療が必要な場合もあります。

利用できる社会資源の一部として精神科医療が関わり、本人が何を考え、何を悩んでいるのかを共有し、達成可能な目標を積み重ねることで社会参加を促すサポートができるかもしれません。

初診時のご案内

初めて当院を受診される方はケースワーカー(相談員)にお電話にてお問い合わせしていただけますようお願い申し上げます。