1. ホーム
  2. > こころの病気について てんかん

てんかん

てんかんとは、「卒倒して白目をむいて固まったり」、「痙攣したり」、「ボーっと意識がなくなっているように見えたり」、これらのような多様な発作を繰り返す病気の総称で、大脳ニューロンの過剰な放電が原因の慢性疾患です。治療は、薬の内服で発作が起きないようにすることです。

精神科領域では、てんかんによる統合失調症様障害、後天性失語症、認知症に対応しております。診断に必要な主な検査は脳波検査です。

「聞こえるはずのない声が聞こえる」、「現実にそぐわない考えに囚われている」、「物忘れがひどくなった」、これらの症状の原因が、てんかんである場合があります。

初診時のご案内

初めて当院を受診される方はケースワーカー(相談員)にお電話にてお問い合わせしていただけますようお願い申し上げます。